大事なお知らせ

一覧を見る

2016/08/03

お願い

最近、病名やその他の症状を選択・または記載せずにご予約される方が増えております。
ご予約をおとりの際は、4号様式に記載されております病名をお選びいただくか、「その他」をお選びいただき、「発熱」、「嘔吐」、「下痢」、「発疹」等簡単でよいので、症状をご記載下さい。
病名が選ばれていない場合や「その他」の記載がない場合は、他のお子様をお預かりする関係上、原則として予約をお受け出来ませんので、ご了承下さい。

2016/07/13

Googleインドアビュー

当保育室内をGoogleマップ インドアビューで360°御覧いただけるようになりました。
ホームページ左側の「当施設内をGoogleインドアビューで360°ご覧いただけます」というバナーをクリックしてみて下さい。

病児保育のご案内

病児保育のご案内

横浜市の子育て支援の一環として市より委託されました、横浜こどもクリニック併設の病児保育室です。

病気のお子さまを、その養育者が仕事の都合や介護・冠婚葬祭など、社会的にやむを得ない事情で家庭での育児が困難な時、看護師・保育士が病初期段階からお預かりいたします。横浜市以外にお住まいの方もご利用できます。

ご利用には事前登録が必要です。


※横浜こどもクリニックまたは当保育室にて事前登録が可能です。
※横浜こどもクリニック以外にかかっている患者さんでも登録可能です。

※保育室の見学は随時受け付けております。ご希望の方はお電話にてご予約をお願いいたします。

事前登録について

「横浜市病児・病後児保育事業利用登録票(3号様式)」に 必要事項をご記入のうえ、当保育室または横浜こどもクリニックにお持ちいただくか、または郵送・Faxにてご送付下さい。

登録票は横浜こどもクリニック又は当保育室で直接受け取るか、以下よりダウンロード可能です。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/unei/hoikuseido/byouji-hoiku2.html

事前登録がまだの方へ ご利用案内はこちら
事前登録がお済みの方へ 24時間ネット予約はこちら

ご利用方法のあらまし

ご利用方法のあらまし 詳しくはこちら

施設紹介

《横浜こども病児保育室》
住 所横浜市西区浅間町1-19-2
第3中村ビル203号室
電話/FAX045-548-8575
定 員6名
対象疾患通常の外来で治療可能な病気(ただし、麻しん・流行性角結膜炎は対象外)
対象年齢生後6ヶ月~小学校3年生
保育時間平日 月曜~金曜日
8:30~18:00
閉室日土曜・日曜・祝日・年末年始・
臨時休室日
利用料一日 2,000円
(減免対象世帯は1,000円)
※横浜市以外にお住まいの方もご利用できます。
施設概要

※クリックすると拡大表示されます。
>Gooleマップはこちら

院長よりご挨拶

院長よりご挨拶

横浜こどもクリニックの増山です。
西区岡野にあるサミット内に小児科を開設して2年半になりました。

お陰様で沢山の方にいらして頂いておりますが、来院される方に、病児保育室利用に必要な「横浜市病児・病後児保育事業利用連絡書(第4号様式)」という書類の記入をお願いされる事が少なからずあります。
そしてその方達から、西区には病児保育室がなく、保土ヶ谷区や南区、戸塚区、港北区など、遠い場所の病児保育室に行かねばならずとても大変というお話もよくお聞きしました。

西区には共働きの世帯が多いので、お子さんが病気にかかった時に面倒を診てくれる親類や知人がいないご家庭では、ご両親のどちらかが会社を休まなくてはなりません。
そんなご両親が安心してお子様を預けて仕事に行かれるように、病児保育室を開設致しました。西区で初めての、唯一の病児保育室です。

小さな保育室ではありますが、優しい笑顔と温かい雰囲気をモットーに、病気のお子様ご本人も、そのご両親も安心してお使い頂ける施設となるよう努力していきたいと思います。
少しでも働くご両親のお役に立てれば幸いです。